看護師として働き始めると激務に追われるようになることは多く、一人前になってからは仕事中心の生活になっている場合がほとんどです。
その状況が心地良いという看護師もいるのは確かですが、さすがに激務で辛いと考えるようになる人も少なくありません。
激務に追われているという実感がある看護師は、いつまでその状況を続けていくのかをよく考えて期日を決めるようにしましょう。
その方が、仕事もプライベートもより良い形にしていくことができます。

確かに激務の現場で働くのは看護師にとってプラス面もあり、新しいスキルを習得して現場で活用することにより経験を積んでいきやすいというメリットがあります。
症例についてもかなりの数をこなせるのが魅力で、ベテラン看護師と言われるようになるまでの期間も短くて済むのが通例です。
ただ、ベテランになれたとしても、その経験やスキルを活かせなければ意味がありません。
また、激務に追いつけなくなってきてしまうと、心身に支障をきたしてしまうリスクもあります。

培ってきた経験を活かしつつ健全な働き方をしたいのなら、適切なタイミングで転職するべきでしょう。
その節目をいつにするかを早い段階で決めておかなければ、だらだらと働き続けてしまうことになりがちです。
スキルの習得や資格の取得などを基準にしても、プライベートに合わせてタイミングを考えても問題はありません。
明確な基準を設け、思い切って転職するタイミングを決めておきましょう。

・激務以外のリスクや健全な働き方についてもっと知る→→参考ページ